乗鞍エンデューロ

こんにちは色川です。

 

6月4(土)~5日(日)に長野県乗鞍で行われたマウンテンバイクレースにオンザロードクラブメンバーの皆さんと参加してきました。

エンデューロナショナルシリーズ(ENS)第2戦の会場はロードバイクのヒルクライムの聖地でもある乗鞍で行われ、天気も景色もコースも最高でした!

土曜日はコースの試走日で、自走で高低差約300mを登り、タイム計測区間となる下りを走りコースを覚えます。

日曜日、各選手に与えられた競技スタート時間にステージに上がりスタートし、下りのタイム計測区間(SS)まで移動(リエゾン)します。

車のラリー競技と同じ形式です。セレモニアルスタート!

このエンデューロとはロードバイクなどの耐久レースとは違います。

下りのタイム計測区間(SS)が3ステージあります。

SS1はテクニカルでゲレンデをメインに使用したコースにはバンクの付いたコーナーの連続!一部森の中は岩と登り返しでテクニック、体力共に求められます。コース中盤で既に脚がパンパンになってます。

SS1をゴールするとSS2へ向けての移動区間(リエゾン)は舗装路でひたすら高低差300mを登って行きます。ここ乗鞍は景色が良いのであまりきつく感じません。こういう環境で毎日走りたいと思いながら登ります!

SS2は前半は岩がところどころ出ている林間コースでテクニックが必要、後半はペダリングの体力が必要なコース。最高速50km/h。

前半岩に前輪とペダルをヒットさせてしまいリム打ちパンクしたかとヒヤヒヤしながら走ってミスを連発し2回ほぼストップしてタイムロスしてしまいました。

SS3のスタート地点、自分のスタート時間を待ちます。

待ち時間の間に補給食を食べたり、他の選手や仲間とさっきのSSは上手く走れたとか、ミスしてタイムロスしてしまったとか話せるのもエンデューロの楽しい所です。

SS3はガレ場で緩い下りと平坦もあるためとにかくペダリング能力の必要なコースに、後半は右へ左へとシケインが作られリズムが崩れないように走ります。

土曜日の3本の試走が効いたか、脚が攣りそうでした。漕いで漕いで漕ぎまくる最高速50km/h!

3本のSSが終了したらメイン会場の いがやレクリエーションランドに戻り、出走リストに帰着のサインをして、無事ゴールとなりました。

後は順位が発表されるまで待ちます。表彰台に上がれるか全くわかりません、妙な自信と不安の待ち時間です。

SS 3本の合計タイムが最も少ないライダーが優勝となります。

参加クラスBで2位になりました。

全クラス合わせて140名参加で総合では8位。

Aクラスに上がる為の条件はクラス優勝だったのですが、叶いませんでした。反省点ばかり悔しいです!!もっと速くなってやるー!

写真は一緒に参加しましたクラブメンバーの皆さんです。試走日に落車ありでしたが、フルフェイスヘルメットやプロテクターのおかげで大きな怪我に至らず。

レース当日は思いっきり走れたでしょうか?

 

オンザロードエンデューロチームは次回7月23(土)~24(日)に開催される野沢温泉エンデューロへ向けてひた走ります!みなさんの参加もお待ちしてます。楽しいですよ!