ジンデュランス in 猪苗代

こんにちは!つくば店の大高です。

 

MTBのレースシーズンがにわかに盛り上がってきていますが、つくば店ではクロスカントリーのエンデュランス(耐久)レースに参戦してきました。


今回は県外遠征です。

 

集合時刻は午前4時前。目的地の福島県猪苗代町までは3時間以上かかりますので早起き必須です。

 

前泊すればよかったとちょっとだけ後悔。

 

受付・試走が7時からなので、眠気に耐えながら東北のかの地へと高速道路をひた走ります。

 

今回出場する「ジンデュランス in 猪苗代」は、ジンギス友の会さんが運営されているジンギスカップのエンデュランス版です。

タイムの早さを競う個人競技ではなく、周回数を争う競技で個人・団体の両方が用意されています。

 

大人から子供まで参加できる、とてもアットホームな感じのイベントです。

参加資格は牧場で食事(主にジンギスカン)をすること・・・なるほど。

 

試走を終え、気づいたらゆる~い感じで開会式が始まっていました。(写真は恒例?のラジオ体操の様子です)

 

私オオタカは、クラブ員の御二方とチームで参加です。おいしく昼食を食べるために気合は十分です。


ピット前にバイクを並べ、スタートの合図で一斉に選手が走ってバイクへ向かう「ル・マン方式スタート」を採用しています。

 

どことなく町の運動会の様な雰囲気で、ぜんぜん緊張感がないですね~。

ですが、実際走っている選手たちは真剣そのものです。

 

スタート直後のピット前は芋洗い同然の混雑っぷりですが、怒号が飛び交うこともなく、リラックスした様子でコースへと飛び出して行きました。

第一走者のノザキさんを見送り、数倍リラックスしてピットで待つ第二走者のマツシマさん。

 

先ほどからチラチラ見えているかと思いますが、このレース、牧場の中を通るんですね。

1周10分程の特設コースを周回します。3時間の間にいかに多く周回できるかを競うんですが、チーム戦の場合、走っている時よりも待っているほうが長いです。(当たり前ですが・・・)

 

ご安心下さい。

磐梯・南ヶ丘牧場はファミリーで楽しめる観光牧場です。エサやり体験に乗馬、イベント満載です。

家族サービスがてら、何とレースにも参加できちゃうんですねー。


観戦している間も、全然知らない人に話しかけられたり、レース中ライダー同士が声を掛け合ったりと、終始和やかです。

 

前日まで「本番はレース後のジンギスカンだよね~」とか「ガチで走るのはトップ集団の一部だけっしょ」などと言っていたはずなのに、ソロで参加のオゴウさんコダマさんはとんでもない速さで周回して行ってます・・・。

 

あっという間に3時間がたち、スタッフ大高がアンカーでフニッシュラインを切らせていただきました。区間賞のホウレン草もゲット。

 

2時間経過の時点で、かなりいい線を走っていたソロのお二人は、泥だらけになりながらも怪我なくゴール。

 

蓋を開けてみれば、コダマさんがクラス別優勝!(総合でも3位)

オゴウさんも同一周回でクラス別5位と大検討でした!

 

ジンギスカンを食べるまでがレースです。

 

言うまでもなく最高でした。来年も是非期待ですね!