嗚呼!素晴らしきキッズバイク!

こんにちは、つくば店影山です。

 

すでに我が家の子供たちにとっては疎遠となってしまった、16インチのキッズバイク。そんなバイク見ると胸がときめくのは、親の性でしょうか?

 

2017モデルの16インチキッズバイク「プリカリバー16」は・・・ひときわ胸がときめきます♪

 

ちょうどデリバリーも開始されたようですので、夏休みの挑戦に自転車!いかがでしょう!?

 

ダウンチューブ裏にはガオー!隠れキャラが居ります。

 

16インチは、前後ハンドブレーキ仕様。昨年まで採用されていたコースターブレーキ(ペダルを後ろに回すとブレーキがかかる装置)は外され、ペダルがより軽く回るようになりました。

 

加えて、工具なしで補助輪が外せる新機構!これなら、公園についたら補助輪外して練習→おうちに帰るときは補助輪付けて帰る、なんて練習ができますね。

 

ペダルと補助輪を外せば、気軽にキックバイク的にも使えますね。こりゃ楽しそう!

 

ボーイズモデルは、先の写真のオレンジと、こちらのブラック。

 

なかなかのカラーリングセンスッ!

 

圧倒的かわいらしさを誇る!と毎年好評のガールズモデル。

 

2017モデル「プリカリバー16 ガールズ」は、シンプルな軽量アルミフレームに、ホワイト&ピンクのグラフィック(っと、大人バイクと同じ語り口になってしまいました(-_-;))。

 

ウチの娘に、もう一度乗せてあげたいなあ…(遠い目)。

 

「お父さん、おバカなこと言ってんじゃニャイわよー!」

 

12インチモデルは、まだまだ手の力が少ない年齢を考慮して、前後ハンドブレーキ&後輪コースターブレーキ仕様。ペダリングはやや重くなりますが、足の力でしっかり止まれるのはお子様にとって安心感が大きいようです(我が子へのヒアリングによります)。

 

12インチモデルも工具なしで補助輪が外せるので、練習の幅が広がりますね!

 


日本では法令的に「前後ハンドブレーキ」が義務となっている自転車ですが、オーストラリアでは後輪はコースターブレーキのみでよいそうです。

 

流通の都合上、アジア&オセアニア圏では仕様を合わせる必要があるそうで、そんな理由から日本で販売されるトレックキッズバイクは前後ハンドブレーキ&後輪コースターブレーキが長年標準となっていました。

 

実は最近、韓国でTREKキッズバイクが爆発的人気だそうです。しかも韓国はブレーキについて日本の法令と同じ(前後ハンドブレーキが義務)なんだそうです。

 

韓国と日本で売れるなら、いろいろ面白い装備付けちゃうよ~、16インチモデルのブレーキもハンドブレーキだけにして軽くしちゃうよ~、ということで生まれたのが、2017プリカリバー16・プリカリバー12なのだそうです。

 

もっとたくさんの子供たちに、トレックキッズバイクで遊びの幅を広げていただきたい!

 

近日入荷予定です。ご期待ください!