TREK WORLD JAPAN アパレル編

今年で創業40年を迎えるトレック、トレックワールドは、当時の倉庫をモチーフにした赤い扉をくぐりストーリーが始まります。

 

40年の歴史の中で、常にこれまでにない発想から製品を生み出す姿勢は今も変わらず受け継がれていのがわかります。

我々には知り得ませんが、トレック本社の開発コアでは、数年先、もしくはそれ以上先に具現化されるバイクやプロダクツが日々開発されているそうです。


 

 

一目見ただけで印象を焼き付ける近未来的なバイクから、普段身に付けるサイクルウェアやヘルメットなどのソフトグズに至るまでトレック・ボントレガーの先進的取り組みが垣間見れます。

 

 

 

左のウェアも科学的な根拠に基いて、よりライダーの安全を高める為工夫されたデザインが込められています。

 

ファッション性だけでなくより視認性を高める蛍光色を採用した上で、夜間には反射性を発揮する素材でデザインされた柄は、ライダーの走行中の動きによってより強調されることで安全性を高めております。

 

当たり前の事ですが、自転車が楽しめる前提として、安全が最も優先事項であること。

自転車における不幸な事故を少しでも無くしたいという、強いメッセージが商品開発にも込められております。

入荷は、来春と先のお話になりますが、来期のボントレガーアパレルは、これまでにない斬新なものから、洗練されたクラシカルなものまで、ラインナップを大幅に拡大して展開していく模様です。

 

展示されておりましたのは、その1部ですが店頭の資料でご案内することが出来ますのでご興味ありましたら、是非覗いて見てください!!