思いを形に

こんにちは、守谷店向井です。

 

2017年ニューモデル、魅力的なバイク達が沢山発表されましたね!

そんな中、私自身もちゃっかりと次なる愛車を検討していました。

検討に検討を重ねる事数週間

 

やはり納得いく1台を選ぶならこれしかない!

いつかはクラウンならぬ、いつかはP1(プロジェクトワン)

 

8月に開催されたトレックワールドで刺激を受け

トレックジャパンのサイトでは数えきれない程のシミュレーションを行い・・・

 

清水の舞台から飛び降りオーダー致しました。

 

そしてオーダーから約1ヶ月

感動のご対面から、各部分解、グリスアップ、調整を経て・・・

ジャジャーン!と完成致しました!

SPEED CONCEPT9.9!!!トライアスロン専用モデル

フレームサイズはサドル高と、DHバーのエルボーパット高、から検討しMサイズで決定!

まずは見た目の特別感!

カレラブルーとレイジレッド、ロゴカラーはクイックシルバー、ホイールステッカーとバーテープはイエロー、少しハデ?かもしれませんが、全て自分好みにカスタムオーダーできるプロジェクトワンならではのカラーリング!

1台づつ職人の手によってペイントを施された車体は、まさに「作品」です。

※サドルとクランクは手持ちの部品に変更してあります

シュミレーションをしていてもディスプレイ上ではカラーが解りにくい為、カラーサンプルとは何度もにらめっこしました!

ステムサイズは、豊富な6サイズ、写真はMed Far(中間 遠い)

ステムサイズにプラスしてDHバー下のスペーサーは15~45mmと10mm刻みで4種類付属

TTバイクで重要となるエルボーパットの調整範囲も広くなっています。

パット前後位置も容易に調整可能

早い所乗り込んでポジションを詰めていきたい所です。

ディーラー向けのシュミレーションサイトでは、シートポストサイズやクランク長、歯数等より細かくパーツを選択する事が可能で、後からパーツを交換する手間が省けます!

選択したホイールは絶大な信頼を置くアイオロスD3クリンチャーホイール

今年開催された宮古島トライアスロンにて、強い横風が吹き、周りが失速する中、失速を最小限に抑え順位を上げていけたのはこのホイールのおかげと言っても過言ではありません!

 

クリンチャーでありながらフルカーボン製で軽量、レース中などにもしもパンクした場合でも復旧が容易な為クリンチャーホイールを選択しています。

 

プロジェクトワンならではの前後リムハイト違いを選択、ハンドリングを優先してフロント70mm、空力を優先したリアは90mmハイト

 

現在70mm、90mmハイトのクリンチャーホイールはプロジェクトワンでしか注文できない逸品となっています。(市販は50mmまで)

品質、性能は申し分なしですが、そこに気持ちが盛り上がる事間違いなしの「見た目」も加わり、完成した世界に1台、自分だけの1台!

 

今は早い所レースに参加し、思う存分スピードコンセプトのパフォーマンスを堪能したい!気持ちで一杯です。

 

ちなみにですが来年の宮古島トライアスロン大会申し込み受付は来月10月3日からですよ!

皆さまも一緒に申し込みしませんか?

 

守谷店 向井