ロード山スペシャル 霜月編

とにかく「寒い」一日でした。

関東でも数十年ぶりの11月の積雪となる日は、日中から冴えないお天気でした。

 

週中の祝日で参加出来た方は、毎度の半分以下でしたのでコンパクトな機動性を活かして、普段とは違ったコース選択をしてみました。

湯袋峠を八郷側に下り、フルーツラインを北上し、道祖神峠を両サイドで追い込むルート。

あれこれ言わずとも峠は全力で挑むメンバーですので、特にオーダーもせずライドが進行していきます。

峠でのぼほぼ全力走 10数分×3本 獲得標高も1,000メートルを過ぎると、お腹もだいぶ空くところ。寒さも追い打ちをかけ暖かい補給が取りたくなってきました。

 

寒さで悴んだ指先が震えて、撮る写真全てがピンボケしてます。ダメだこりゃ。

参加されたメンバーの「充分追い込めた」の言葉に安堵し、次は暖かい補給を取りに。

 

道祖神峠の頂上から下り、平地を10分も走ればおなじみの羽黒駅前「あじ彩」さんへ。

いつもは定番の生醤油ぶっかけですが、今回は冷えたカラダに濃い目の汁が染み込む あったか肉汁つけうどん。

奥は、10種の野菜でつくる味噌けんちんうどん、季節限定だそうです。土鍋で最後まで熱々でした。

それでも足りないメンバーは、アジフライとからあげのサイドメニュー、スーパーで買うより安くて、ボリュームがあって、しかも揚げたて!!

もう少し胃袋が大きければ私も追加したい気持ちを抑え、帰りの自走も考慮し腹九文目で我慢。

今回の山スペ、「寒かったので暖かいうどんを食べにサイクリング」 に行ってきましたよ、で終わってしまいそうな拙い文章とピンボケ写真の構成ですが、その裏にはその場にいなければ共有出来ない何かがある。と思います。

そんなん何かを共有出来るメンバー、随時募集中です!!

 

山スペを終えた晩から、今日に至るまでグズグズと喉風邪を拗らせています。

「寒いなか体調壊すぐらい、夢中で自転車がこげた」結果と思えば気分は楽になりました。

                                                          堀越