ロード山スペシャル 睦月編

                                                         *転倒シーンはお茶目なカワタ様による、凍った路面をアピールするための演技です。

前日舞った雪で出来た路面の凍結で、OTR山スペ一行の進路が次々と阻まれてゆきます。

リンリンロードでさえも、ご覧の有様で。峠を5分も登れは路面は白銀の雪に覆われておりました。

こんな日に、敢えて山に繰り出すメンバーの酔狂さ。

誰からも平地の練習に切り替えようとの声も上がらず、何とか峠を登りたいようです。

引率の立場として、危険は回避せねばなりませんが、その思いに応えるられるよう、僅かな望みをもって

一行は更に北上します。

マグロは一生休むこと無く泳ぎ続けると聞いた事があります。

 

マグロが餌を求めて回遊し続ける用に、ここに集うメンバーも坂を求め過ぎるあまり、たまには自転車を漕ぐのを止めて休むという習性が備わって無いのかもしれません。

 

それは進化なのか、退化なのかは置いといて、いづれにしても彼らには褒め言葉として受け取ってもらえるでしょう。


走り出して一時間程。

見当を付けていた陽当りの良さそうな峠に辿りつきましたが、標高100メール以上は銀世界。

仕方なく、路面の乾いてる600メートル区間で5分サークルのインターバルとトレーニングです。

2グループが時間差でスタートし、各組の下位と上位が回毎に入れ替わるリーグ式です。

休憩を挟みつつ、10本ほど。集中すればあっと言う間です。

とても満足出来る練習で無いのは承知しておりますが、本日は路面状況ゆえここらで勘弁させてもらいました。

練習密度は低いながらも、寒風にさらされ、神経を使う路面での走行にお腹はちゃんと減るものです。

「いい練習にはいい食事が必要」と自分に言い聞かせ、北条大池淵のヒルクライムさんへ。

大した練習してないじゃんという自責の念に、「明日の練習の為」と言い訳してご馳走になりました。


筑波山を象徴する梅の木も、蕾が膨らんでまいりました。

確実に近づく春の訪れを感じます。

来月は2月4日【土】を予定しております。今回の不発を取り戻すべくガンガン行きたいところです!!

                                                                                                                                堀越