クロスバイクの組立紹介

オンザロードつくば店 永島です。

 

春になるにつれ、自転車に乗る方も多くなると思います。

そこで我々がどのように自転車を組立ているのか、興味がある方がいると思いますので紹介します。

 

今回組立るのは、「FX3」クロスバイクになります!

 

 

メーカーから送られてくる箱はこれくらいになります。

人が入れるような大きさですね。

 

自転車を出したら、傷がつかないように梱包材が巻いてあるので全部取ります。

取り終えたらまずは、ヘッドベアリングのグリスアップです。

グリスアップをすることにより、ハンドルの動きが良くなります。

 

また水が入らないようになるので、ベアリングが錆びにくくなるという大切な役割があるのです!

ただグリスを塗るというものですが、とても大切な作業と言えます。

 

グリスアップを終えたら、タイヤを外しホイールの振れ取りをしていきます。

どんな作業かと言いますと、ホイールがまっすぐ回るようにスポークの張りを調整する作業になります。

出荷されたほとんどのホイールはこの振れ取りが必要です。

振れ取りをせずにホイールを使用した場合、ホイールがまっすぐに回らないので走りにくくなってしまいます。

 

また、振れ取りをしながらセンター出し作業を行います。(3枚目)

これはハブ(ホイールの軸)からリムまで、左右とも同じ距離にする作業です。

 

そして、ホイールは乗っているとスポークの張りが緩み振れがどうしても出てしまうので、定期的に振れ取りを行わなければなりません。

 

振れ取りが終わったら、タイヤをはめてバイクにホイールをセットしハンドル、ブレーキレバー、グリップの位置を決めです。乗る方が快適に走れるようにポジションを決めていきます。

 

また手が小さい方はブレーキレバーに指がとどかない場合があるので、レバーの距離を近づけてしっかりブレーキが出来るようしています。

 

次にアウターワイヤーの長さを決め、インナーワイヤーを通していきます。

インナーワイヤーを通したら変速、ブレーキの調整です。

 

変速の調整は、ペダルを回しながらギアがスムーズに変わるよう確認と調整をします。

調整が出来ていない場合ギアが上手く変わりません。また一段飛ばしてギアが変わってしまうこともあり、安全に乗るためには調整を必ずやっておかなくてはなりません。

 

そして新しいワイヤーは1ヶ月くらい経つとなじみが生じ、ギアが前よりもスムーズに変速しなくなるので再度調整が必要になります。

 

調整が終わったら、余分なワイヤーを切ります。

 

最後にペダル、アクセサリー類を取り付ければ完成です!

 

 

オンザロードではお客様に安全に楽しく自転車にお乗りいただくために、一切手を抜かず自転車の組立作業を行っております。

 

これからの季節にいかがでしょうか?

店頭に試乗車もありますので、気になる方は是非お試しください!