新型アルテグラ入荷しました!

 

昨年発表されたDURA-ACE・R9100に引き続き、シマノのロードバイク用グループセットのセカンドグレードモデル、「ULTEGRA(アルテグラ)」が満を持してフルモデルチェンジしました!

 

かつて「シマノ600」という名前のツーリング車向けコンポーネントだったULTEGRAですが、新型DURA-ACE・R9100シリーズと同様に、新たに「R8000」シリーズというモデルナンバーで新登場です。

 


 

外見は新型DURA-ACEを踏襲しており、そのコンセプトも受け継いではいますが、新時代のロードバイクコンポーネンツとして、様々なロードバイクライダーがサイクルライフを満喫できるような改良が施されています。

 

例えばリアディレイラー。

 

マウンテンバイク譲りの「シャドー構造」は、R9100と同様で横幅がコンパクトになっています。落車による変速機の損傷を最小限に抑える優れた設計ですが、新型アルテグラでは最大34Tのスプロケットに対応しました。(RD-R8000GSロングゲージの場合)

 

ショートゲージのRD-R8000SSの場合でも、R9100と同様に最大30Tが使用できて、それに合わせたスプロケットも新登場となっています。

 

脚力に自身のないライダーさんや、ツーリングやブルベを楽しまれるライダーさんでも、より上位機種のコンポを選べるようになったあたりが、R8000シリーズの大きな変更点です。

 

 

RD-R8000SS   ¥9,306(税込)

RD-R8000GS   ¥9,915(税込)   ※7月中旬以降入荷予定

 


 

ガンメタリックの落ち着いたカラーリングやロゴの雰囲気は、先代の6800シリーズと大きく変更していないので、部分的にアップグレードして新旧混在してしまっても、遜色が無いのはgoodですね。

 

キャリパーブレーキのBR-R8000は、ブレーキブースターの追加やブレーキアームを太くして、より剛性感を高める変更が施されている上、新型ドマーネなどで導入され近年エンデュランスモデルでは主流となりつつある28Cタイアに対応した幅広のクリアランスを採用しています。

 

 

BR-R8000   ¥14,919(税込・前後ペア)

※ダイレクトマウントのBR-R8010は7月下旬~8月上旬入荷予定

 


 

さらに、フロントディレイラーのFD-R8000では「ワイヤーテンション調整機構」を搭載したので、ワイヤー途中にテンショナーを付けなくてもいいデザインになりました。昨今電動コンポでは一般的となったワイアーの内装化にあわせた変更ですね。

 

新型DURA-ACE及びULTEGRAのクランク、FC-R9100とFC-R8000では、インナーギアが内側にオフセットしており、それだけフロントディレイラーの移動量が増えています。 FD-R8000もFD-R9100と同様にストローク量を増やし、これに対応しています。

 

※余談ですが、エントリーグレードのシマノ・105のフロントディレイラー「FD-5800」も、マイナーチェンジが施され、「FD-5801」となってこれらの機構が採用されています。

 

FD-R8000(直付けモデル)   ¥5,294(税込)

FD-5801(直付けモデル)   ¥3,964(税込)

 


ST-R8000   ¥35,628(税込・左右ペア)

FC-R8000   ¥28,031(税込)


 

新しくなったULTEGRA(アルテグラ)グループセット、R8000シリーズで愛車のアップグレード・リフレッシュをされてみてはいかがでしょうか?

 

店頭にて展示してありますので、気軽にお尋ね下さい!